情報ポータルサイトMIRACLE | あなたの「すぐ知りたい!」がココで見つかる

市役所・コンビニでの住民票の発行・取り方(土日・委任状・除票・マイナンバー記載)

市役所の住民票
住民票の発行は、一昔前までは、様々な問題がありました。市役所でしか発行できなかった時代では、わざわざ市役所まで足を運ばないといけないのはもちろん、夕方5時までに窓口に行かなければ対応してくれませんでした。

また、本人確認を厳密に行っていない為、事実上、本人以外の人物が、住民票をカンタンに取得できてしまうというトラブルが頻発していました。

現在では、マイナンバーカードを利用することで、市役所はもちろん、コンビニでも住民票を発行することができます。マイナンバーカードは、厳密な本人確認を行っているので、本人以外の人物が、勝手に住民票を発行することは事実上不可能です。

また、市役所でも厳密に本人確認をおこなってから住民票を発行しています。よりプライバシー・個人情報に配慮されるようになった、住民票の発行手続きですが、ここでは、より詳しい内容(土日の取得・委任状・除票・マイナンバー記載)をわかりやすく解説いたします。

スポンサードリンク



市役所での住民票の取り方 ~本人確認書類~

市役所での住民票の取り方は、最寄の市役所のHPに掲載されていますが、わかりやすく解説すると、かならず、市役所が認めている本人確認書類を用意し、窓口対応時間内に、それを提出する必要があります。

前述した通り、窓口対応時間(8:00~17:00)しか受付してくれませんし、土日の発行は不可能です。

また、住民票の発行のために必要な本人確認書類は、公的機関が発行したものでなければなりません。

例えば、運転免許証やパスポートなど顔写真が掲載されたものは、本人確認書類として認められています。

しかし、顔写真が掲載されていても、会社の社員証や学生証などは、それだけでは、認められません。

これら民間が発行しているカードに関しては、公的機関が発行している、その他の書類が必要です。例えば、保険証や年金手帳などです。

言い方を変えると、保険証や年金手帳は顔写真が掲載されていないため、これだけでは、本人確認ができませんが、これを補う目的で、顔写真が掲載されている民間が発行しているカード・書類の提示によって、最終的な本人確認を行っているといえます。

スポンサードリンク




市役所での住民票の取り方 ~委任状・除票・マイナンバー記載~


市役所での住民票発行のメリットは、委任状を使うことができることでしょう。本人がどうしても自分で住民票を発行できない場合、代わりの人が、住民票を発行することができます。

この際、きちんと本人が代理人に住民票の発行を依頼したことを証明する必要がありますが、これを住民票の委任状といいます。

この委任状は、各市役所に書式が用意されていますので、その書式に従って、必要項目を記載することで、完成させることができます。

また、除票とは、引っ越しや死亡によって、市役所が管轄している地域から本人がいなくなった時に、本人の住民票の一部に印字されるものです。

住民票に除票マークがあるものは、事実上、その市役所の管轄外の人であると判断することができます。

話しは変わりますが、住民票は、マイナンバー記載も可能です。ただ、マイナンバーは、個人を特定することができる非常に重要な個人情報となりますので、市役所の窓口の人が善意で、利用目的によっては、マイナンバー記載の必要がないことを伝えてくれることがあります。

ただ、それでも住民票にマイナンバーを記載したいのであれば、「それでも住民票にマイナンバーを記載したい。」と伝えてれば、問題なく対応してくれるので安心してください。

スポンサードリンク



コンビニでの住民票の取り方 ~マイナンバーカードの利用と土日の発行~


前述した通り、住民票は、コンビニで誰でも簡単に発行できる時代になりました。ただし、本人確認はマイナンバーカードに限定されているので注意が必要です。

マイナンバーカードは、全国民に配布されるものではなく、申請した人にしか配布されないからです。

マイナンバーカードの申請には、マイナンバー通知書に記載されている番号と、本人の顔写真が必要になります。

だれでも申請できるように、PCはもちろんスマホからでも申請することができるように配慮されていますが、本人の顔写真チェックは、厳しいので注意してください。

例えば、本人の顔に、髪の毛がかかっていたり、帽子などをかぶっていたり、影が大きくうつりこんでいるケースなど、本人と特定することが難しいケースでは、却下されてしまいます。

ですので、できれば、知人に撮影を依頼し、必要があれば、ヘアスタイルや撮影場所などのアドバイスをもらうようにしてください。

無事にマイナンバーカードが手元に届いたら、だれでもコンビニで住民票を発行できます。平日はもちろん、土日も問題なく発行できますので、ぜひ利用してみてください。

スポンサードリンク