情報ポータルサイトMIRACLE | あなたの「すぐ知りたい!」がココで見つかる

都営バス(都バス)の時刻表・路線図・料金・定期代

都営バス(都バス)の時刻表

都営バス
都営バスの時刻表は、東京都交通局の公式サイトから確認することができます。時刻の調べ方は、停留所の名称から調べることができますので、出発する停留所名の時刻表をピンポイントでてに入れることができます。また、停留所の正式名称が分からない場合や、入力するのが面倒な人のために五十音順検索も用意されています。

このように、わざわざ停留所に足ばなくてもネットから簡単に時刻表を確認することができますが、都営バスは、道路の混雑状況で到着時間が前後することがあります。鉄道と異なり、2~3分の遅延は当たり前で、場合によっては、5分以上遅延するケースも珍しいことではありません。

そのため、ビジネスマンの交通手段として、あまり都バスは利用されていない状況です。しかし、都バスにも便利なところがあります。それは、各停留所が路面に面しているため、目的地へのアクセスが早い点にあります。

スポンサードリンク



地下鉄の場合ですと、目的の駅に到着してから、目的地に向かうまでに、改札を出て、地上に上がる必要があります。地下深くに設定されている駅や、乗降者数の多い駅などでは、地上にでるまでに、5分以上かかってしまう・・・ということもあります。

しかし、都営バスは、停留場から目的地にダイレクトに移動することができますので、本来は、時間を大切にするビジネスマンにもっと利用されるべき交通手段なのです。

ネックとなっているのは、交通渋滞の影響を受けやすいという点です。

そこで、おすすめしたいのが、ナビタイムです。CMなどを通して、このサービスを大体理解している人は少なくないと思いますが、念のために説明しておくと、目的地を入力すると、そこまでの最短ルートや交通料金などを自動で計算してくれるナビサービスです。

都営バスにはGPSがついておりますので、このGPSをキャッチして、リアルタイムに各都営バスの走行位置を把握することができます。自分のスマホで確認できるため、商談に向かうビジネスマンにとっては、便利なサービスといえます。

スポンサードリンク



都営バスの路線図


都営バスの路線図は、東京都交通局が提供している「みんくるガイド」を利用するのが便利です。「みんくるガイド」とは、Webページ上掲載されている都営バスの路線図が掲載されている地図を自由に拡大・縮小して、自分が調べたいエリアの都営バスの路線図をピンポイントで調べることができるサービスです。

この路線図を活用すれば、都営バスの停留所の位置関係をすぐに把握することができます。

そんため、都営バスの乗換ポイントはもちろん、地下鉄やJRなどへ乗換ポイントを簡単に確認することができます。
問題点としては、スマホで路線図を確認した際に、表示が若干小さくなってしまうことでしょう。できれば事前に自宅のパソコンで確認しておいたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク



都営バスの料金・定期・1日券


都営バスの料金は、210円となっています。移動距離によって料金が変わる料金制度ではないため、どの場所にいっても、一律で210円を支払います。
そのため、清算は、全て前払いとなっています。バスに乗車したら、入口で料金を支払う必要があるため、都営バスをまっている間に、支払の準備をしておきましょう。

都営バスの定期は、通勤のケースだと、1ヶ月9,230円になります。3ヶ月ですと26,310円になります。1ヶ月で購入するよりも3ヶ月で購入する方が割引額が大きくなりますので、通勤で都営バスの定期を利用するのであれば、特別な理由がない限りは、3ヶ月の定期を購入する方が良いでしょう。

都営バスの1日券(1日乗車券)は、700円です。ビジネス目的というよりかは、観光目的で購入する人が多いようです。浅草や門前仲町など情緒あふれる観光スポット・名所を都営バスで巡ると、社内からも景色を楽しむことができるので、移動そのものが観光になります。電車移動では、なかなか味わえないですよね。

スポンサードリンク