情報ポータルサイトMIRACLE | あなたの「すぐ知りたい!」がココで見つかる

都電荒川線の路線図(所要時間・時刻表)

都電荒川線
都電荒川線の路線図は、運営元である東京都交通局をはじめとして、各種乗換情報サービスが提供しています。

それぞれの路線図によって、荒川線の停車駅を確認しやすかったり、所要時間や乗換を確認しやすかったり、グルメなど、駅周辺情報の詳細を確認しやすかったりと、特徴があります。

ここでは、そんな都電荒川線の路線図を、比較していきたいと思います。この路線図を参考にしながら、ぜひ、都電荒川線車内から見える風情ある景色を楽しんでください。

駅発車時に「チンチン」と鳴り響く荒川線独特のベル音を楽しみながら、ゆっくりと電車移動をするだけで、心が癒されますよ。

スポンサードリンク



東京都交通局の都電荒川線の路線図(所要時間・時刻表あり)

早稲田から三ノ輪橋まで半円を描くような荒川線の路線図を一目で把握することができます。

所要時間を確認する際には、カンタンに表示切替することで、荒川線各駅の所要時間を表示させることができます。この表示モードでは、例えば、早稲田から見たときに終点駅となる三ノ輪橋までは56分かかることが分かります。

ただ、都電荒川線は、バスと同様に公道にでて、一般車と並走する区間がありますので、地下鉄ほど正確には運行されていないことだけは頭に入れておいた方がよいでしょう。

また、右側にあるサイドメニューから都電荒川線の時刻表も確認することができます。

時刻表と書かれたメニューをクリックすると、荒川線の停車駅一覧が表示されますので、そこから各駅の時刻表をチェックできます。

例えば、早稲田駅の時刻表を見たいときには、停車駅一覧にある早稲田をクリックするだけです。ちなみに早稲田の時刻表ををみると始発の時刻がジャスト6:00になっていることが分かります。

まとめますと、東京都交通局の都電荒川線の路線図は、各駅の大まかな位置情報を確認することができることと、乗換駅も一目で確認することができるので、多くの人にとって、利便性が高いデザインといえるでしょう。

スポンサードリンク



ナビタイムの都電荒川線の路線図(グルメ・食べ歩きに便利)

ナビタイムの都電荒川線の路線図は、ナビタイム独自の地図の上に、都電荒川線の路線を描画しています。

ですので、駅周辺情報を、非常に細かく把握することができます。おすすめの使い方としては、都電荒川線を使った食べ歩き・グルメ旅行でしょう。

ナビタイムの地図は、小道まで描画されており、店名まで確認することができますので、事前に、途中下車して、食事を楽しみたいお店まで決めておくことができます。

ただ、ナビタイムの地図は、当然ではありますが、各駅の風情までは、把握することができません。住宅密集地を走り抜ける路面電車に乗車する醍醐味は、各駅の風情、そこに住む人々の文化を感じることができることにあります。

気になる駅に到着したら、事前の予定を無視して、フラッと途中下車して周辺を散歩するのも楽しいですよ。

スポンサードリンク



マピオンの都電荒川線の路線図

マピオンの都電荒川線の路線図は、東京都内の主要な電車の路線図の中に、都電荒川線の路線図を描画しています。他の電車の路線図が掲載されてしまっているので、一見すると、わかりにくい路線図となっていますが、よく見ると、都電荒川線の路線図が、点滅し、強調されていますので、簡単に区別することができます。

この路線図の特徴は、他の電車の駅との距離感を、感覚的につかむことができることにあります。近隣に住んでいる方が、通勤や通学の移動手段を考える際に便利な路線図といえそうです。

普段利用している電車よりも、もしかしたら、都電を利用した方が、通勤・通学時間を短縮できるかもしれません。都電は、路面を走っているので、駅から目的地への移動がスムーズ(移動時間が短い)ですからね。


都電荒川線の料金・運賃

都電荒川線の料金は、大人170円となってます。都バスの運賃は210円ですので、比較的リーズナブルな料金設定といえるのではいでしょうか。

また、都電荒川線の1日乗車券は400円です。1日乗車券とは、1日限定ではありますが、何度でも途中下車し再乗車することができる大変お得なチケットです。

都電荒川線でのグルメ旅行や名所めぐりには、この1日乗車券を活用することをおすすめいたします。

スポンサードリンク